Nail Artist NORIKO 覚醒。ハリウッド版ゴジラ3Dを造った④ ゴジラのしっぽ

こんばんは。

ネイルアーティストのNORIKO です。


さて。
3Dゴジラも終盤。
今日はゴジラのしっぽについて。


これまでフラット気味な3D、3D、2D、2Dときて、最後は思いっきり3D。
もう、いちばん初めに造ってたゴジラの顔のときみたいに実用性とかどうでもよくなった尻尾。

しっぽについているトゲトゲ?を
いい感じに出したい!
どうしてもあの感じにしたい!!
しっぽ感をリアルにしたい!

どうやってやろうかな!

で、思いついたある方法。


それを使ってしっぽを造りました。
Nail Artist NORIKO 3D ゴジラ尻尾_1

立体感溢れるしっぽ。
先端は鋭いしっぽ。
曲がってて、さわるとシャッてなるしっぽ!!!!
なんてデンジャラスなんだ!!!!?(笑)

いぃぃぃぃぃぃね!


果たして、方法は、閃き。
完全なるヒラメキでした。

いやぁ〜
今となるとよく思いついたなって感じ。
いい立体感出せてるじゃんって感じ。



これまでゴジラは、
日本の映画を何回かは観ていたと思うのですが、
こんなしっぽだったっけ???
からのスタートでした。

画像を見てみて初めて認識。
こんなの付いてたんだなぁ…ハリウッドだからかな???
なんか鋭くない??


で、造ったしっぽがさっきのアレ。
ちょっと拡大。

Nail Artist NORIKO 3D ゴジラ尻尾_3.

しっぽの先が、
バシッとやったら、
ものすごく破壊力ありそうな感じに。


このアートのなかでは
しっぽがいちばん気に入ってます。


シャッとやったら
ビシィーーーーッてなりそうでしょ。


違う角度から。ちょっと曲がってるところがチャームポイントです♪
Nail Artist NORIKO 3D ゴジラ尻尾_2


もう、しっぽひと振りで
いろんな物が一気に吹っ飛ぶ!
Sか???(笑)



とりあえず、
夢中になって一気に造った
初めての3Dムービーネイルアートの
誕生は、こんな感じだったのでした。



それまで可愛らしい
オフィスネイルとか、
普通の感じのシンプルアートしか
やっていなかったのですが。

作品作りを始めるきっかけになったのが、
このゴジラ。

これを造る少し前に
造形関係の人達と知り合ってお友達になったのも、
こういう作品が生まれるきっかけになったのかもしれません。



ところで、

たまーに、今でも、
作品ありきで 初めての人に会うと、
あれ?今日は、ああいうアートつけてないんですか??
見たかったな(T_T)



とか言ってくださることがあるのですが、
これ系つけてたら、
サロンワークのときに
お客様の手に刺さりますから!!!!!


てことで、
わたしは普段は案外ナチュラルネイルで
過ごしてたりします。

つけてたほうがいいよ!
というご意見も最もだし、
自分でもそうだよね、、、と思ったりもするんですが、
刺さる・・・・・。

ね。

もう、どうすりゃいいの。

刺さっても
楽しいから許してくれる????
いやいやいや。

大事な手は傷つけられません!!!!!

Nail Artist NORIKO 3D ゴジラ尻尾_4


最後に遠巻きな画を貼。



では今回はこの辺で。
次回は3Dゴジラ、海を渡る!!
です。



しっぽがいちばん面白かった〜( (( ^∀^)♡



余談。
アメブロにもアメブロバージョンとしてアップしているこの記事。
アメブロのタグ付け機能がこの記事に
#オフィスネイル をいちばんに推奨してくる!!!!
面白いから付けておきました。
誰か、これを付けてのオフィスワークをする勇者はいるのかしら??




NORIKO/ 典子




..*.。・*・。・*.。・*・。.


 


Luck enters from the nails!


Private Nail Atelier    La Mer  


 


 


 


 


http://noriko-lamer.com/


 


https://www.instagram.com/i_am_noriko/


スポンサーサイト

Nail Artist NORIKO 覚醒。ハリウッド版ゴジラ3Dアートを造った その③

こんばんは。
ネイルアーティストのNORIKO です。
今回は その③ ハリウッド版ゴジラ3Dアート。

前回は親指のフラット気味な立体ゴジラでしたが、人さし指からいきますね。

人さし指の緑色。3Dです。
真ん中に黒丸が。

}


これは、、、???
国旗とかじゃありません。
バングラデシュ🇧🇩の赤丸を黒にして
立体にしたのではない。
ハリウッド版ゴジラのサイトに
こういう写真があったのです。
深い森の中に大きな大きな穴が開いていて、
それを上空から見下ろしたの図。
そう。緑色は、森。
こんもりとした木々の立体。
真ん中の黒い洞穴は窪んでいます。
これは、そういう意味の3D。
映画を観た人がなら、
ああ、あれね。と、なるのかもしれません。
どういうシーンだったか…
わたしもハリウッド版ゴジラ観たのですが、、、
ちょっと忘れちゃいました。
造った時の方がインパクトがあるもので…σ(^_^;)
ここまで2本、ゴジラと洞穴と3Dを造ってきて、
次は薬指の2Dペイントに。

これは、ゴジラの目ですよね!
と言ってくださる方もいらっしゃるのですが、
実は、全く違う画像から
インスピレーションを得たもの。
ホームページに掲載されていた写真、
そこに写っていた機材を見て
イメージした模様です。
化学者が使うような機材から閃いたので、
カッコいい感じにしたかった。
音や振動を測るような機材だったかな??
なんだか、光が音と共に響くような模様に!
そして。
GODZILLA 。
この映画のタイトルの、
ロゴマーク。

ベースはオレンジ系とブラウン系カラーの
マーブルで、文字は赤。
ベースのマーブルは、ちょっと、
混沌としたシーンの中の、
炎のイメージもありました。
まだ映画を観ていない時点ですが、
ゴジラって、何か、ものすごく破壊されて
燃えたりしているイメージもありまして。

なかなかいい具合に
きっちり描けたかなぁって思います。
強そうでしょ?
このロゴマーク、
わたしは英語を採用したのですが、
日本語のロゴマークもありました。
カタカナで、縦に
ゴジラって書いてあるもの。
外国人にとっては、
その日本語がカッコ良くて、
日本のゴジラに対するリスペクトかもしれませんが、ちょっとダサくてわたし的には不採用。
ハリウッド版なのに、カタカナじゃあ、日本人的には気分が出ない。
外国で現地のものだと思って買ったお土産に
メイドインジャパンって書いてあるのを
見つけちゃってがっかり
みたいな気持ちになるでしょ。
だからここは、
GODZILLA じゃないと
どうしてもダメだったんですよね~。

カッコ良く描けたロゴマーク、
最後に外周を黒で囲ってキメました。
うむ。カッコイイ!!!!
全体の色バランスも良い!!!!
やっぱ ハリウッド版は
外国っぽい雰囲気出したいよね~♪
つづく~( (( ^∀^)♡
NORIKO/ 典子

Nail Artist NORIKO 覚醒。ハリウッド版ゴジラ3Dアートを造った その②

こんばんは。

ネイルアーティストのNORIKOです。

今日は前回の続き。

3Dアートに覚醒して

ハリウッド版ゴジラの3Dアートを造った時の話。その②

Nail Artist NORIKO GODZILLA3D_3

少し思い出してきたんです。

わたし、やっぱり、いちばん初めに造ったのは

親指の、ゴジラの顔だったって。

まあ、顔だけじゃなくて首あたりまで入ってはいますけれど。

あの時は、いきなり、ゴジラ自体を造りました。

********

ここしばらく、ご紹介いただいて人にお会いするときに、

この人はネイルやってるんだけどね、ある日突然スターウォーズとかの3Dを作り出して、、、

と紹介されることが多いんですけれども、

これ系の3Dは、実はここから始まりました。

ゴジラスタートだったのです。

********

アメリカのゴジラのサイトを見て、

ハリウッドのゴジラってこんな顔してるんだ。

ゴジラってこんなだっけ?

日本のゴジラとはやっぱちょっと違うよね。

日本のやつはもうちょっと丸い感じがしたけど、

なんだか少しシャープな感じ???

なんて思いながらも造り始めたゴジラのお顔。

できるだけフラットにフラットに、

実際爪についていても生活できるレベルじゃないとね。

なんせ爪だしね。

だけど、なんかこう、

リアルに、ゴジラ感をちゃんとやりたい。

とかなんとか思いながら、

写真を見ながらできるだけ、写真に近くなるように

がんばりました。

Nail Artist NORIKO GODZILLA3D_4

けっこう皮膚がゴツゴツしてるな。

顔の横にヒレみたいな出っ張りがある。

目があるあたりと口の先って。

けっこう口が出っ張ってて、目のところちょっとくぼんでる??

だけど、頬あたりがいちばん盛り上がってて・・・

みたいにつぶさに観察をしていた感じ。

フラットをこころがけながらも、

できるだけ凹凸を出せるように考えていました。

出来上がったゴジラの立体具合は

いちばん出っ張っているところで3mmくらい。

平均は1.5mm~2mmくらいかな。

このアート自体の大きさは、

ヨコ1.2cm×タテ2.3cmくらい。

Nail Artist NORIKO GODZILLA3D_1

ゴジラの顎の先から頭の上までが1cmくらい。

目の大きさは、1.5mmくらい。

いちばん大きな歯が1mmくらい。

とても小さい。。。

まあ、ネイル(爪)アートなんだから、

小さいのは当たり前ですね^ー^♪

小さいけれどもできるだけリアルにしたくて、

当時のわたし、すっごく頑張りました。

ん?がんばったというよりも、

夢中だった感じなので、

頑張ってはいなかったのかもしれません。

とにもかくにも面白すぎた。

なんだこれ めちゃめちゃ面白いじゃん!!!

造り始めてから30分以内には、

こんな心境になっていたと思う。

時間が分からないほど楽しかった。

形ができてからも、

さらに色で陰影に気を配ったり、

ハイライト的なものを入れたり。

とにかく、写真みたいにゴツゴツな感じに♪

作品の写真ではうまく見えないかもしれませんが、

おでこのあたりのシワ じゃなくて、なんだろう?

ゴツゴツもしっかり凹凸つけてるんです。

Nail Artist NORIKO GODZILLA3D_3

さっき、久々に引っ張り出してきて、

この作品を見てみたんですが、

自分でも、思ったよりもちゃんと凹凸をつけてありました。

背景は、実は、いろんな色が見えている、ピンク系。

1色ではありません。案外ここにも凝っているな、、、、が

今みた感想。

Nail Artist NORIKO GODZILLA3D_2

上あごの歯も、ちゃんと3Dになっていて、

牙があります。

単なるペイントなだけじゃないんですよ。

ちゃんと造ってありました。

ほんとうに、自分の作品なんですが、

これを こんなにじっくり見たのは久々で

記憶だいぶ薄くなっていましたね。

ですが、見ていると、

あの時のことが思い出されます。

ある意味、原点ってところでしょうか。

フラット気味じゃないゴジラとか怪獣を作ったら

面白そうですね☆

そのうちまたチャレンジしたいですね。

気が向いた時に!!!
いつになるかはわかりません。

作りたいのがいろいろあるのですよ。

しかしこれ楽しすぎたわ~((( ^∀^)♡
NORIKO/ 典子

..*.。・*・。・*.。・*・。.


 


Luck enters from the nails!


Private Nail Atelier    La Mer  


 


 


 


 


 


 


 


 


 


http://noriko-lamer.com/


 


https://www.instagram.com/i_am_noriko/

Nail Artist NORIKO 好きなことに目醒めた時。初めての3D!ハリウッド版ゴジラネイルアートを造った。

こんばんは。

ネイルアーティストのNORIKO です。
今日は、

好きなことに目醒めた時。

3Dに覚醒した日について書こうと思います。
目醒めたのは2014年2月28日。

いや、その1日前の27日だったかな??
その頃は、ポリッシュのみのネイルケアサロンを辞めて、約1年が経とうとしていた頃。

ジェルネイルの勉強を本格的に始めて1年が経とうとしていた時期。

粘土彫刻のセミナーに参加して1年が経とうとしていた時。

日本の大スター ゴジラ がハリウッド版になって上映されようとしていた、ちょうどその頃。
確か、まだ午前中だったと思う。
ネットで

ニュースか何かを読んでいて、見つけた。

ハリウッド版ゴジラの記事。
そもそも大本の日本のゴジラも詳しくはないのだが、何故か気になった。

そう。

わたしはハリウッドのSF映画が好きなのだ。

かといって、カルト的な知識は皆無。

メジャーなやつを観る。

よくわからないけど、面白くて楽しいやつ。
邦画よりもハリウッド映画派だった。

派手なアクションやビジュアルエフェクトはやはり好きだ。宇宙の画とか、もうたまらない。

日本のゴジラは昭和の歴史を感じるが、

ハリウッドで撮るゴジラは面白いかもしれない♪

ハリウッド版ゴジラのサイトに飛んでみた。

まだあちらでも公開前だったと思う。
写真が何点かある英語のホームページ。
. . . . . . . . (眺めてる。一応読んだかもしれない。)

これテーマに造ったら面白そう!

創りたい!

と思ったのだと思う。

どこから湧き出てきたのかは

わからないけれど、突如、創る気になった。
サイトの写真を眺めて

アート5本のラフな図を描いた。
アクリルやジェルで爪の長さ出しをする時の

フォーム( 土台にするシール)の裏だったかもしれない。
ラフの時点でもう

意識は3Dだった。
創りたい気持ちは

3Dで造りたい気持ちだった。
正確には気持ちだったか わからない。

これテーマに造ったら面白そう!

創りたい!

と思うより前には、創ることは確信だったから。

あのアートは1日で5本造った。

お昼前には始めてて、

夕方には完成していたと思う。

すごい面白かった。

楽しかった。

こんなに面白いことがあったのか!

と思っていたかもしれない。
わたしがやりたいことは

これだったのか!と思っていたかもしれない。
ちょっと記憶が定かではない。

とにかく夢中だったのです。

没頭というか、

入り込んでいた。
わたしは本当に集中すると周りの事が全く入ってこない。

どの指のアートから造ったのか

もう記憶が薄いけれど、、、
初めの方に造ったゴジラの顔の時はまだ、

爪に付けるんだから、、、

と実用面を気にしてフラットな3Dになるように気をつけていた。
ゴジラの目が光るように細かい粒子を仕込んだりもしていたかな。

同様にしてもう一本の平たい3Dを造った。

緑色の真ん中に、大きな黒い洞穴があるアート。
それから、

2Dでペイントして…
そうそう、ゴジラのロゴは、

角が出るように気をつけた。

土台はマーブル。

いちばん最後に造ったのはしっぽ。

小指のアート。
もう、この頃には実用なんか吹っ飛んでいた。

わたしはしっぽを創りたい。

ゴジラのしっぽのあの感じを造りたい!

めちゃくちゃギザギザの3D!

フラットじゃない3D!!

フラットとか もう どうでもいい!

とにかくあれが造りたいんだ!

5時間くらいはやっていたかもしれない。

時間は計ったり見たりしなかった。

お昼を食べたのかも覚えていない。
コーヒーとチョコレートは食べたかもしれないけれど、覚えていない。何も食べなかったのかもしれない。
とにかく、あれは一気に造った。
こうやって3Dに目醒めた。

2014年の2月。

長くなりました。
あれは、これです。



初めて造った3Dネイルアート作品。

ハリウッド版ゴジラ。

MOVIE Nail Art.
続きのお話はまた今度( (( ^∀^)♡
NORIKO/ 典子

レオナルド  ダ  ヴィンチの手稿を模写したアートを描いてみた  Nail Artist NORIKO のブログ

こんばんは。
ネイルアーティストの典子です。
今日は2Dジェルペイントで
あの!レオナルド ダ ヴィンチの手稿を
模写した時のネイルアートを。
とりあえず、まずは、わたしが模写して描いたアートを1枚写真貼ります。↓↓
Nail Art. I copied the manuscript of Leonardo da Vinci."Head of a girl" Leonardo da Vinci (Gel paint)

と。これを貼っても、
ダヴィンチの手稿を模写したって言われても、
どれなの???
って話になると思いますので、
元ネタを。
こちらです。

"Head of a girl" Leonardo da Vinci 
Date: 1483; Milan, Italy 
Style: Early Renaissance 
Genre: sketch and study 
Media: metalpoint, paper 
Dimensions: 15.9 x 18.1 cm 
Location: Biblioteca Reale, Turin, Italy
イタリアで1483年に描かれた手稿、Head of a girl。日本語には何と作品名が訳されているかはわかりません。
なんでこれ描いたのか??
って言われても、
なんとも答えようがないのですが…
ダヴィンチの作品見てて、
この手稿が出てきて、
描きたくなったから描いた。
です。
もう、素直。
描きたくなったから描いた。
これをSNSにアップしたとき、
ダヴィンチに挑戦するなんてすごい!!
というコメントもいただいたのですが、
挑戦してるつもりは全くありませんでした。
深く考えてなくて、
さっきも書いたのですが、
描きたくなったから描いた。
なので。
単純です(╹◡╹)
で、もしかしたら、記憶薄いですが、
この手稿の紙のような色のジェルを
見たから似てるな、って思って描く気になったのかもしれないです。
SNSにはこの写真もアップしました。

わかりやすい!
元ネタ入り。
探してきて貼りましたが、
今見たら、ベースカラーと手稿の色、
全然違ってた(笑)
動機は
描きたくなったから描いた
のみに確定です。σ^_^;
ということで、
元ネタからの、
角度変えた模写写真の連発でいきます。




どうかしら?
だんだんとこっちを向くように貼ってみました。
ネイルチップはカーブしていますので、
角度によって微妙に違って見えるのです。
ダヴィンチは結構好きで、
美術館で展覧があると足を運びます。

結構好きで、、、
ではなく、尊敬 かもしれません。
どんな性格だったかは、
直接お話できないのでわかりませんが。
尊敬 は、
絵が上手いからだとか、
多才だからだとか、
天才だからではありません。
美術館でダヴィンチの生い立ちのような
記述を読んだ時、
この人は何歳になっても
自分がやりたいことに正直に
取り組んできた人なんだ、とわかったから。
人間って、もう○才になっちゃったから、
だとか、もう遅いだとか、
すぐに理由をつけて諦める。
日本人に顕著だと思うのは、
若くなければチャレンジへのハードルが高いと
思われがちなところ。
人生の進路をガラッと変えにくい空気。
そういうのが嫌だなぁ
と思っていた時期に展覧を見に行って、
ダヴィンチのバイオグラフィーを読んだ。
どうやら、死ぬ間際まで?
いろいろと新しいことをはじめて
やり続けていたらしい。
この人すごい。
わたしもやろう。
気にしなければいいんだ!
だから、それ以来、
わたしも自分にはまだ経験がない分野のことも
平気で講演を聴いたり、セミナーに参加したりするようになりました。
いくつになってからでも
始められる。
興味が湧いたら、いってみる。
やってみる。
楽しければ、続けてみる。

そうすると、自分でも
思いもよらなかった引き出しが増えて、
あの時あれやっといてよかったなぁ~~
ってなります。

時には
本能の赴くままに、
自分に正直に動いてみることも
大事ですよね♪
では今日はこの辺で。

模写もやり始めるとハマるわ~( (( ^∀^)♡
NORIKO/ 典子